膝痛へのリハビリ

このようなお悩みはありませんか?
  • 歩くときに膝が気になる
  • 長時間座ると膝が固まる
  • 休憩しないと歩けない
  • 膝に力が入らず歩くスピードが遅くなった
  • 膝やふくらはぎの筋力をつけなさいといわれた

このようなお悩みある方の原因は膝ではなく「股関節と足」が原因かもしれません。
実は膝は中間管理職のように股関節と足関節の間で板挟みになった結果、不調に繋がっている可能性があります。

膝の悩みの原因は?

膝が痛くなってきた時に、

  • 膝周りの筋力が低下した
  • 軟骨がすり減っている
  • 歩き方が悪い

と良くいわれることがあります。もちろん、原因の一つとしてあり得ますが、それだけでは不十分なのです。
膝が痛い原因は、膝の周りの筋肉や脂肪体、関節を包む組織に負荷がかかってしまうことにあります。
なぜ、負荷がかかってしまうのか、が最も大事になってきます。

負荷がかかってしまう原因は
「股関節と足関節がしっかりと使えていないから」だと考えています。
使えなくなってしまう原因について説明していきます。

座っている時間が長い

近年、デスクワークや長時間の車の運転、スマホを長時間触っていることで、長時間同じ座った姿勢を取ることで、股関節は常に曲がった状態になってしまったり、頭が肩よりも前に出てしまうと背中の筋肉や股関節の筋肉はつりあいを取ろうとするのです。
すると、本来は股関節の真下に膝が位置するのが正常です。、膝関節は曲げ伸ばしが基本的な動きになります。しかし、股関節や足で無理にバランスを取ろうとした結果、間にある膝関節にひねるようなストレスがかかり、膝に痛みがでたり、変形につながってしまうことが考えられます。

足関節のアーチが変形している

扁平足という言葉を聞いたことはないでしょうか?
足の内側にある土踏まず(内側縦アーチ)が潰れてしまう現象のことです。
足の形が潰れてしまうと、膝関節に負担がかかります。
股関節が原因の場合、股関節周りの筋肉の使い方、骨盤の動きを練習することで改善が見られることがあります。
しかし、変形した足が戻ることは、現状難しいため「インソール」や「テーピング」で足の形を修正することで、ストレスの軽減を目指していきます。

扁平足による腰、膝の痛みがある足

セルフケアでどうにもならない膝の悩みには・・・

一生懸命運動しているけど、ストレッチやマッサージも通っているけどよくならない…
その理由は、股関節と足関節にあるかもしれません。

股関節の動きを取り戻すためには、体幹・骨盤周囲の筋肉の動きを改善する必要があります。

そのためにあくてぃぶリハビリ整体院では…

などを一人一人の症状に対して、組み合わせて行うことで膝の悩みにアプローチします。

自分でできるセルフケアやマッサージだけでは表層だけのアプローチとなってしまい、関節の動きや筋肉の動き、そして使い方といった本当の原因にアプローチできません。

あくてぃぶリハビリ整体院では、つらい膝の悩みに対し原因を見つけアプローチをし、あなたにあったセルフケアを勧めていきます。

もし膝の症状でお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度あくてぃぶリハビリ整体院にご相談ください!

LINEを登録いただき、メッセージで脳卒中保険外リハビリまたは痛みへのリハビリ整体の希望の旨をお伝えください。詳細について簡単にカウンセリングさせていただきます!