肩こり・肩の痛みへのリハビリ

このようなお悩みはありませんか?
  • ひどい肩こりがある
  • 首の後ろから肩甲骨の内側にかけてガチガチ
  • 仕事で同じ姿勢を取り続けている
  • ひどい的には頭痛、めまい、吐き気がある
  • 眼精疲労で目の奥が痛い

肩こりの原因は?

肩や首こりには、日常生活が原因の場合があります。

同じ姿勢を取り続けている

近年、デスクワークや長時間の車の運転、スマホを長時間触っていることで、長時間同じ姿勢を取り続けてしまい「猫背や悪い姿勢」になりやすいです。
人の頭の重さは、成人で体重の約10%と言われており、体重が60kgだと約6kgという重たい頭が前に出てしまうと、首や肩、肩甲骨、背中、腕、腰の筋肉に負担がかかります。
筋肉は頭を支えようと頑張って、伸ばされながら働くのですが長期的に続くと「筋肉が硬くなる」のです。すると、筋肉に流れている血液の流れが滞り、肩こり、首こりができやすい状況が作られてしまいます。

スマホと肩こり
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スマホ首.png

運動量が不足している

筋肉は伸びたり縮んだりをすることで、重たい頭を支えてくれたり、動かしたりしてくれています。
しかし長時間の同じ姿勢が続くと、筋肉が伸びた状態で凝り固まったり、縮んだ状態で凝り固まったりしてしまうのです。つまり伸びっぱなし、縮みっぱなしの状態が運動をせず、日常生活を送っている限り続いてしまうということです。
運動をすることで、全身の筋肉へ血液がたくさん送られます。しかし、座っているときにはそうではないため、血流が滞り肩こり・首こりが作られやすくなってしまいます。
そんなに方にオススメなのは、ウォーキングです。有酸素運動は全身への血流を高めてくれるため、辛い時ほど少しでも歩いたほうが楽になることが多いです。

運動不足と肩こり

眼精疲労の原因は?

現代病といっても良いのかもしれませんが、スマホ、パソコン、テレビなど目を使うことが多くなってきました。首の後ろにある後頭下筋と視覚は関係しており、首が凝れば眼精疲労が出たり、目を酷使すると首が凝ってしまうと考えられます。
つまり常に目を酷使してしまうことに加えて、姿勢が悪い、首の筋肉が凝り固まってしまっていることが眼精疲労の原因の一つです。

セルフケアでどうにもならないつらい肩こり、首こりには…

肩こり続いて限界を迎えるとみなさん揉んだり、叩いたりするマッサージをしたり、受けに行ったりすると思います。
すると一時的に辛さや痛みが和らぐため、そのまま我慢してしまうことがほとんどです。
YouTubeや手軽にできるストレッチなどのセルフケアでは、一時的によくなることもありますが、その逆もあります。

肩こりや首こりのが根本的に解消されない理由は何なのでしょうか。
痛みや辛さの原因は、自分ではどうにもできないところにある場合もあること、また個別性がないためやってもいい運動とやったほうが良い運動の違いが明確でないこともあります。

自分でできるセルフケアやマッサージだけでは表層だけのアプローチとなってしまい、関節の動きや筋肉の動き、そして使い方といった本当の原因にアプローチできないためだと考えています。

あくてぃぶリハビリ整体院では、最も身近な症状である肩こり、首こりに対して原因を見つけ、症状の原因からアプローチをしたあと、セルフケアを勧めていきます。

もし頑固な肩こり、首こりでお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度あくてぃぶリハビリ整体院にご相談ください!

LINEを登録いただき、メッセージで脳卒中保険外リハビリまたは痛みへのリハビリ整体の希望の旨をお伝えください。詳細について簡単にカウンセリングさせていただきます!