猫背・姿勢改善のリハビリ

このようなお悩みはありませんか?
  • 姿勢が悪いと良く言われる
  • 首の後ろから肩甲骨の内側にかけてガチガチ
  • 仕事で同じ姿勢を取り続けている
  • 猫背をなんとかしたい
  • 身体の疲れが取れない、眠れない

このような疲労感、倦怠感がある方はもしかしたら「姿勢の悪さ」が原因かもしれません。
姿勢は見た目の印象を変えるだけでなく、手や足、骨盤の動きに影響し、身体の不調の根本的な原因のことも少なくないため、たくさんの方が悩みを抱えておられます。

猫背の原因は?

猫背は、背骨の動きや筋肉に問題があることが多いですが、身体の動きを悪くしてしまう理由には日常生活が原因であることが多いのです。

近年ではスマホやゲームで猫背になりやすく、自粛期間も合間って運動不足にもなるお子さんも多く、心配されている親御さんも増えています。
何気ないクセが、身体のバランスを崩してしまう引き金になっています。

座っている時間が長い

近年、デスクワークや長時間の車の運転、スマホを長時間触っていることで、長時間同じ座った姿勢を取り続けてしまい「猫背や悪い姿勢」になりやすいです。
頭が肩よりも前に出てしまうと筋肉は頭を支えようと頑張った状態が長期的に続くと「筋肉が硬くなる」のです。すると、筋肉に流れている血液の流れが滞り、筋肉が働けない状況が作られてしまいます。

猫背の原因である同じ姿勢

また、ついつい足を投げ出したり、背もたれに寄りかかって座っていませんか?
体幹の筋肉が弱いと長時間、良い姿勢を保つことが難しくなり、自然と骨や筋肉の硬さに頼って姿勢をとろうとしてしまいます。

ではどうしたら、猫背を解消できるのでしょうか?それは…

ポイントは腹圧です。身体を真ん中で支えてくれる体幹筋はこの腹圧をコントロールして姿勢を真っ直ぐにしてくれているのです。

背中が丸まってしまうと、綺麗なS字が失われて、丸まってしまいます。しかし、腹圧を高めることで理想的なS字型の背骨にコントロールしてくれるのです。
そして腹圧を上げるために、体幹筋が重要になります。しかし長時間丸まった姿勢や背もたれにもたれかかり体幹筋を使わない状況が続くと、体幹筋は使えなくなってきてしまいます。

その状態で、ものを持ち上げる時には腹圧を5%の状態から最大で50%まで、約10倍高める必要があります。もし腹圧が高めれないと、背骨や筋肉に大きく負担がかかってしまいますが、体幹筋を効かせることができない人は腹圧を高めることができず、背中や腰を痛めてしまうというわけなんです。

運動量が不足している

毎日の仕事や家事が忙しく、運動する時間がない…、そんな方が猫背による肩こりや腰痛に悩みやすいのです。
姿勢を保つには、筋肉と骨格のバランスが良いことが大切です。運動不足は筋力や心肺機能を低下させてしまいます。
特に体幹の筋肉は手足の筋肉に比べて、先に筋力が低下してしまうといわれています(ヘンネマンのサイズの法則)。
そのため運動不足は、痛みや不調の原因になるだけでなく、代謝を下げて体重の増加にもつながってしまうため注意が必要です。

運動不足は猫背の原因

セルフケアでどうにもならない猫背には・・・

ふと鏡に映った自分の姿を見た時や周りの人に指摘をされたときに、背筋を伸ばしますよね。
しかし、意識して伸ばした背筋は長くは保てません。
働かなくなってしまった筋肉は、自分では気づけず、また再び働かせることも難しくなってしまいます。急に運動をして、別のところを痛めてしまった経験は誰しもあるのではないでしょうか。
痛みや辛さの原因は、自分ではどうにもできないところにある場合もあること、本来働くべきところが働かないと他の場所が代わりに頑張り、痛めてしまう原因になります。

姿勢を改善することで、

  • 慢性的な身体の不調の改善
  • 呼吸が深くなり、自律神経の働きの改善
  • 疲労やむくみ、便秘などの解消

につながることもあります。
また綺麗な姿勢は、顔の印象を変えてくれて実年齢よりも若く見られるなんてことも…!?
そして正しい身体の使い方は、代謝を高め、一緒に運動と食事管理を行うことでダイエットも期待できます!(当施設では4ヶ月で10kgのダイエットに好きなものを食べながら成功した方もいらっしゃいます)

自分でできるセルフケアやマッサージだけでは表層だけのアプローチとなってしまい、関節の動きや筋肉の動き、そして使い方といった本当の原因にアプローチできません。

あくてぃぶリハビリ整体院では、最も身近な悩みである猫背に対し原因を見つけアプローチをし、あなたにあったセルフケアを勧めていきます。

もし猫背でお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度あくてぃぶリハビリ整体院にご相談ください!

LINEを登録いただき、メッセージで脳卒中保険外リハビリまたは痛みへのリハビリ整体の希望の旨をお伝えください。詳細について簡単にカウンセリングさせていただきます!