こんにちは!!近江一文字 愛知豊橋店です!

今回は『杖の正しい使い方』について、お伝えしていきます!よろしくおねがいします!!

杖の重要性

杖は、歩行を補助するための大切なツールです。年齢を重ねた方や怪我をした方だけでなく、長距離を歩く際にも役立ちます。正しく使うことで、歩行が楽になり、転倒のリスクを減らすことができます。

杖の持ち方の基本

・杖を持つ手は反対側!

杖を使うときの基本ルールは、杖を持つ手は体の反対側にすることです。つまり、もし左足に負担をかけたくない場合は、右手で杖を持つ必要があります。これはなぜかというと、歩行時のバランスを保ち、体への負担を軽くするためです。ただ、利き手ではない手で杖を持つことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。これには慣れが必要です。不安がある場合は、まずは家の中で少しずつ練習してみましょう。壁や家具に手を置きながら、杖を使う感覚に慣れていくことが重要です。徐々に、利き手ではない手でも杖をしっかりと支えられるようになります。どうしてもうまくいかない時は、当店へご連絡いただければと思います。

・杖の正しい持ち方と肘の位置

杖の正しい持ち方は、人差し指と中指で杖をはさむ持ち方と、人差し指を杖にそえる持ち方があります。どちらも持ち方としては正しいので、握りやすい方で行ってください。また、杖を握るときは、手のひら全体でしっかりと握ります。握り手がしっかりしていると、杖が滑りにくく、より安定します。また、肘は軽く曲がる程度に保つことが大切です。肘がまっすぐすぎると、歩行時に不自然になり、腕に余計な力が入ります。逆に、肘を曲げすぎると、杖が短すぎる印象を与え、適切な支持が得られません。

写真を見ながら、自分の持ち方を確認してみましょう。

正しい歩行テクニック

・杖と反対の足を前に

杖を使って歩く基本的なルールは、「2点支持歩行」と呼ばれる方法です。これは、杖を右手に持っている場合、左足を杖と一緒に前に出すというものです。そして、その逆も然りです。この方法で歩くことにより、体のバランスが保たれ、安定した歩行が可能になります。

・歩行の流れ

  1. 杖を手に持ち、杖と反対の足を同時に前に出します。
  2. 杖で地面をしっかりと押しながら、体重を移動させます。
  3. 次に、他の足を前に出して、この動きを繰り返します。

この一連の動きを繰り返すことで、スムーズで安定した歩行が実現します。

・正しい歩行テクニックのメリット

  • 安全性の向上:転倒のリスクを減らし、安全に歩行できます。
  • 効率的な歩行:体への負担が少なく、疲れにくいです。
  • 自信の向上:正しいテクニックで歩くことで、外出がより楽しくなります。

杖使用時の一般的な間違い

・杖の高さが合ってない問題

杖の高さって、とっても大切。杖が高すぎると、肩に無理がかかってしまいます。反対に、低すぎると、腰を曲げすぎてしまって腰に負担がかかります。これらはどちらも、長く歩くことが辛くなってしまう原因になります。杖の高さ調整については前回ブログ「完全ガイド:杖で迷ったらこれを読もう!!」を参照してください。

・杖と足の使い方が間違っている問題

もう一つのよくある間違いは、杖を持つ手と反対の足を前に出さないこと。例えば、杖を右手で持っているなら、左足を前に出すのが正しい使い方です。この方法を「2点支持歩行」と呼びます。

間違った使い方をすると、歩いているときにバランスを崩しやすくなり、転んでしまう危険性も高まります。

安全歩行のための追加アドバイス

・杖の先端について

まず大切なのが、杖の先端についてです。杖の先端には滑りにくいゴムがついていますが、このゴムが杖をしっかりと地面に固定してくれます。これによって、滑りやすい場所でも安心して歩くことができるんです。でも、このゴムは使っているうちにすり減っていきます。すり減ったゴムはグリップ力が弱くなり、滑りやすくなってしまうので、定期的にチェックして、摩耗していたら新しいものに交換しましょう。

・歩行時の注意点

杖を使って歩くときは、足元だけでなく、周囲の環境にも注意を払うことが大切です。例えば、道に落ちている石や、階段の段差など、足元の障害物には特に気をつけましょう。これらの障害物はつまずきやすく、転倒の原因になります。また、人ごみの中や狭い場所を歩くときは、他の人との距離を保ちながら、ゆっくりと歩くことが重要です。急いで歩くとバランスを崩しやすくなりますので、安全を最優先に考えましょう。

まとめ:日常生活に杖を取り入れるメリット

杖を正しく使うことで、歩行が安全かつ楽になります。また、バランスを保ちやすくなることで、転倒のリスクを減らし、より自信を持って歩けるようになります。杖は、単なる歩行補助具ではなく、日常生活の質を高めるための大切なパートナーです。正しい選び方、持ち方、歩き方をマスターして、安全で快適な歩行を目指しましょう。

今回も最後まで、読んでいただきありがとうございました!!