アクティブ脳梗塞リハビリの特徴

“目指すのは維持ではなく改善“

もっと素敵な人生を送るために全力でサポートします。

といった悩みが多く聞かれます。

しかし、現在の医療・介護保険制度では脳梗塞後遺症で悩まれる方や退院後にリハビリを受ける場所がないといった『リハビリ難民』の方々が多くいらっしゃいます。
退院直後や発症から何年経っていても、リハビリでお困りの方、リハビリを求める方のサポートをしたいという強く願っています。

受傷・発症からの期間、疾患、年齢問わず
脳卒中などの後遺症について、
どのくらいの期間で、どの程度の改善が可能なのか
臨床経験と専門知識を裏付けとしてわかりやすくご説明いたします。

脳卒中後に起こること

脳卒中は、「虚血性(血が回らなくなる)」と「出血性(脳の動脈が裂け脳内で出血する)」の2つに分けられます。

その結果起こってくるのが、

  • 運動麻痺(手足が思うように動かせない)
  • 感覚障害(体がどうなっているのかわからない)
  • 高次脳機能障害(考える力が低下してしまったり、言葉がうまく出てこない)

などの症状が後遺症として残ることが多くあります。

今までと違う努力をたくさん必要とする動きや姿勢をとり続けることで、間違った感覚が入力され、間違った処理をして、間違った運動を行うことを繰り返した結果定着してしまい、
さらに運動や姿勢が傾いてしまうといったことにつながります。

脳卒中後に起こる筋肉の問題

脳卒中後には、

  • 筋力低下
  • 痙縮
  • 拘縮(筋短縮)

が起こってきます。

また、筋力の低下を防ぐためには、一日4000歩以上歩く必要があります。

しかし運動麻痺や筋肉の問題によって身体が思うように動かせない状態では、これだけの運動量を確保することは難しいです。

また、脳卒中後には「痙縮」という筋肉が過剰に緊張してしまう症状が出現することがあります。

痙縮の画像

脳や脊髄が損傷することで、筋肉が異常に強張ってしまう現象です。
動かそうとしても筋肉はこのままでは動くことができません。

これらの問題を解決するためにActiveでは

筋肉の問題に対して有効である部分・全身振動刺激トレーニングや機能的電気刺激IVESを用いたリハビリで改善を目指します。

リハビリの例

全身の筋力トレーニングや上肢・下肢の痙縮を抑制するために電気刺激と振動刺激も併用して行います。
目標とする動作の構成課題を一緒に練習していきながら、現状の課題に対して取り組み改善を図っていきます。

また、歩行能力の改善のためには、歩くことが一番です。
長距離歩けない方でも、「低速歩行トレッドミル」を用いることで、安全にリズミカルな歩行と歩行距離の確保が可能となります。


✔️足が動かないから歩くのが怖い
✔️足が突っ張ってしまって歩きにくい
✔️歩くと腕が曲がってくる
✔️手の強張りがひどい
✔️装具や杖なしで歩きたい

このような悩みのある方に対して、個別のオーダーメイドメニューで問題を解決します。

正しい身体の状態で、正しい運動を行うことで脳が運動を学習することを繰り返し行なっていくことでリハビリの効果を実感することができます。

リハビリ改善例

初回限定キャンペーン

まず初回体験プログラムで実際に行う施術、リハビリを体験してみませんか?

もし挑戦してみたい、変わりたいという方は下のお問い合わせフォームから一度ご連絡をお待ちしております。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須既往の病名を選択してください
    必須お問い合わせ内容


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。

    >保険外リハビリサービスActive

    保険外リハビリサービスActive

    脳卒中後遺症の退院後のリハビリを担うサービスと、ストレッチを中心とした整体で戻りにくい身体をつくりQOLを高めていきましょう。

    CTR IMG