痙縮や筋トレに有効な全身振動刺激療法

振動刺激サムネイル

脳卒中や脊髄損傷後の中枢神経障害の後遺症として「痙縮」というものがあります。

動こうとすると、「自分の意思に反して」筋肉が強張ってしまう症状が代表的です。

その痙縮の改善には、中枢神経系からの入力が必要なのですが、抑制するために有効な方法として「振動刺激」が注目されています。

全身振動トレーニングは痙縮を軽減させ歩行能力やバランス機能を向上させる

Chan KS,et al.Effects of a single session of whole body vibration on ankle plantarflexion spasticity and gait performance in patients with chronic stroke: a randomized controlled trial.Clinical Rehabilitation (Impact Factor: 2.18). 10/2012; 26(12).

慢性期の脳卒中片麻痺者30名に対して、全身振動トレーニングが慢性期(6ヶ月以上経過した脳卒中後遺症)に足関節底屈筋の痙縮や歩行能力、そしてバランスの能力に及ぼす影響を調べた研究があります。

結果として、全身振動トレーニング後に足関節底屈筋(ふくらはぎの筋肉)の筋緊張は優位に減少し、歩行能力が優位に改善したと報告されています。

全身振動トレーニングを1回の訓練の中で用いていくことで、慢性期の脳卒中片麻痺者の足が突っ張るという原因の一つであるふくらはぎの筋肉の過度な緊張(痙縮)を抑制することができる可能性があります。

痙縮によって落ちていた歩行の能力は、痙縮を抑制できることで改善する可能性が考えられます。

緩める・鍛えるの両方を期待できるマシンとなります!


当施設には、全身振動トレーニングに活用できるマシンを導入しています。

痙縮だけでなく、全身の筋力向上に利用できますので、この上で手すりをもちスクワット、片足立ちの練習を行うことで筋力向上も期待できます。

この全身振動トレーニングマシン上では通常より2倍の筋力が働くといわれています。
フジ医療器HPより)

※効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

部分的な筋緊張の抑制にも振動刺激が有効な可能性があります。

例えば・・・

弱い振動刺激(周波数50〜70Hz)に加えて電気刺激を使ったり、

周波数をあげて、100Hzくらいの振動刺激を脛の前の筋肉(前脛骨筋)に当てながら、ふくらはぎ(下腿三頭筋)に対して高頻度の電気刺激を与えることで、ふくらはぎの痙縮の改善を期待できる場合もあります。

手足が突っ張ってしまう、力が入ってるのかどうかわからない、筋トレをしっかりしたいといった要望にお応えできるように様々なアイデアで、プログラムを提供させていただきます!

ぜひ体験してみませんか?

初回体験プログラム広告

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須既往の病名を選択してください
    必須お問い合わせ内容


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。

    コメント