脳卒中ってどんな病気?

脳卒中という病気

なぜ脳卒中というのでしょうか。

それは「突然(卒)」「当たって(中)」倒れるという意味です。脳卒中は、突然倒れる脳の病気という意味になります。

脳卒中は、「虚血性(血が回らなくなる)」と「出血性(脳の動脈が裂け脳内で出血する)」の2つに分けられます。

それぞれ原因によって、病態が異なるというわけです。

  • 虚血性・・・脳梗塞
  • 出血性・・・脳出血、くも膜下出血

脳卒中は死因の現在4位(令和元年「厚生労働省調べ」)

脳卒中はかつて死因の1位でした。

現在では、悪性新生物、心疾患、老衰についで第4位です。

治療法の進歩や血圧管理、脳画像技術の向上により以前に比べ、死亡率は減ってきています。

しかしながら、高齢化に伴い今後増加が予測されています。

脳卒中の人口動態

脳卒中は要介護の第2位の原因

脳卒中は、介護が必要となった原因の第2位といわれています。

全体の約20%弱を占めているのです。

また脳卒中後に、高次脳機能障害や認知機能の低下を呈する場合があります。

つまり脳の何らかの問題により、介護が必要になってしまう方が多いといえます。

脳卒中の危険因子は・・・?

脳卒中を発症するリスクの高い人は、基礎疾患がある場合です。

※基礎疾患とは、高血圧症・糖尿病・脂質異常症・心房細動などをいいます。

これらは生活習慣病と呼ばれており、喫煙・大量飲酒・肥満・運動不足が引きがねに起こることが多いといわれています。

なぜ基礎疾患があると脳卒中の発症リスクが高まるのでしょうか。

それは、高血圧につながるためです。脳卒中は脳の血管に動脈硬化や動脈瘤が発生して起こる場合がほとんどです。

脳内の血圧はある程度、自動的に管理されていますが、血管が硬くなってしまったりボロボロになり、柔軟性が低下することによって血圧が上がってしまいます。

※血圧とは・・・血管壁にかかる圧を調べたもの

結果として、血管内壁に圧がかかり続け、プラークという脂肪の塊が詰まったり、脆く細い血管から破れて出血してしまったりするといわれています。

運動習慣をつけることや、生活習慣をコントロールすることは発症予防のみならず、再発予防にもつながるため、継続して運動を続けていく必要があります。

まとめ

病気に対する知識を持っておくことで、理解につながります。

原因を特定することは医療機関にて、最大限行っていただけますが、その後の再発リスク管理などはご自身やご家族の理解が必要不可欠です。

運動療法や薬物療法(降圧剤や血糖コントロール)、食事療法などをしっかり正しい知識で行っていくことで、再発予防や発症リスクを最大限予防していきましょう。

>保険外リハビリサービスActive

保険外リハビリサービスActive

脳卒中後遺症の退院後のリハビリを担うサービスと、ストレッチを中心とした整体で戻りにくい身体をつくりQOLを高めていきましょう。

CTR IMG